慶事用切手 -絵柄の意味- | 切手はがき買取店 チケマル

HOME > 慶事用切手 -絵柄の意味-

慶事用切手の絵柄の意味

 

慶事用切手は52円、82円、92円の三種類あります。

慶事用切手52円、82円、92円

慶事用切手には、「扇」や「松竹梅」などの、祝意を表す文様が描かれています。

 

「扇」や「松竹梅」などの文様は、「吉祥文様(きっしょうもんよう)」と呼ばれます。
「吉祥文様」は、良い兆し、めでたいしるしという意味を表現した文様の総称です。

 

吉祥文様には様々な図柄があり、中国から伝わったものと、日本で吉祥の意味を持つようになったものの二種類あります。

※吉祥文様とは、おめでたいことを表す文様。縁起がいいとされる動植物や物品などを描いた図柄。
自然から学んだことに意味を持たせて、そこから幸運や力を得ようとし、衣服の模様に取り入れて身につけた。
美術・工芸における模様をさす場合は「模様(もよう)」ではなく「文様(もんよう)」と呼ばれる。

 

慶事用切手52円

52円切手には、「扇」と「梅」


慶事用切手82円

82円切手には、「扇」と「竹」


慶事用切手92円

92円切手には、「扇」と「松」


 

慶事用切手には、「扇」や「松竹梅」などの、祝意を表す文様が描かれていますが、「扇」は、先端が広がった形から将来の展望が広いことをあらわす、「発展」の意味があります。

 

「松・竹・梅」は、中国から日本に伝わり、 中国では、「松・竹・梅」を「歳寒の三友(さいかんのさんゆう)」と詠んで、清廉潔白(せいれんけっぱく)な文人の人格を象徴したことが始まりですが、日本に入ってから「松竹梅」と呼ばれ、吉祥の意味を持つようになりました。

 

 

 

 

-切手の読み物-

慶事用切手とは
慶事用切手の絵柄の意味
琉球切手とは
19世紀半ばのイギリスでの郵便料金のお話
イギリスで生まれた切手のお話
日本の郵便制度と切手の始まりのお話
郵便保護銃
日本一高いところにある郵便局
変わったポスト
年賀切手で振り返る年代別の出来事
切手のまわりのギザギザ

 

 

切手買取・はがき買取店チケマル
切手はがきの買取はスピード買取の当店へ!郵送買取致します【即日振込】

 

買取価格表を見てみる

 

メニュー

ご案内

    当店からの返信がない場合はこちら

    当店からの返信がない場合はこちら。



    発送方法に迷ったらこちら

    状況別にまとめましたおすすめの発送方法です。



    Q&Aはこちら

    Q&Aはこちら。



よくある質問

    Q.振り込みはいつ頃ですか?

    A.商品到着即日にお振込を行っております。

    ※平日15:00以降のお振込や土日祝は、銀行の振込システムの都合により、翌銀行営業日に振り込まれます。

    【例】 当店が、金曜日の16:00にお客様の口座へお振込致しますと、
    お客様の口座に反映される(お振込が完了する)のは、

    月曜日となります。
    月曜日が祝日ですと、火曜日になります。



    Q.買取に費用はかかりますか?

    A.商品をお送り頂く際の送料はお客様負担となります。また、 買取額が1万円未満の場合は振込手数料172円はお客様負担となります。 その他かかる費用はありません。



    Q.使用済み切手、記念スタンプの押された切手、外国切手の買取はしていますか?

    A.使用済み切手、記念スタンプの押された切手、外国切手の買取は行っておりません。



    Q.持ち込みでの買取は対応していますか?

    A.持ち込みでの買取は対応しておりません。郵送買取のみとなります。


    Q&Aをもっと見る

切手の読み物