簡易書留の出し方 | 切手はがき買取店 チケマル

HOME > 簡易書留(カンイカキトメ)

簡易書留(カンイカキトメ)

 

量が少ない場合、補償をつけたい場合におすすめです。重いものは料金が高くなります。

送料:392円~ (郵便料金+簡易書留料310円)

 

料金計算方法は、通常の郵便料金に簡易書留料310円を足すだけです。
定形・定形外のどちらであるかと、重さによって料金が変動します。

定形郵便物、定形外郵便物の違いについてはこちらをご参考下さい
定形・定形外郵便物の違い

 

 

配送方法:配達員の方から手渡しでお届け。

補償:5万円までの実損額を郵便局が賠償してくれます。

配達記録:あり

出し方:封筒はご自身でご用意頂き、宛先、送り主も封筒にご記入下さい。(お手紙を送る際と同じ要領です。)郵便局窓口へお出し下さい。ポストへは投函出来ません。

 

 

窓口でこのような用紙を渡されますので(記入台に置いてある場合もあります)、ご自身のご住所とお名前、お届け先の名前をご記入下さい(太枠の中)。
 ↓
簡易書留用紙

 

料金のお支払い方法:郵便局窓口へ出して頂きますと、送料の計算をしてくれます。郵便料金+簡易書留料金310円=送料です。

現金でお支払いしていただいてもかまいませんし、お持ちの切手を窓口の方にお渡ししていただいてもかまいません。現金と切手の併用払いもできます。ご自宅で送料を計算し、切手を封筒に貼りつけた状態で窓口の方に渡していただいてもかまいません。

 

送料を安く抑えるコツ:簡易書留の場合、はがきなどの重いものは送料が高くなります。出来るだけ重量が軽くなるように工夫して頂くと良いと思います。

 

配送にかかる日数について : いつもは2日で着くが、今回送った際は3日かかった等、同じ条件、同じ場所から発送しても配送にかかる日数に差がある場合があります。

 

その他注意点:書留には「簡易書留」と「一般書留」の二種類あります。窓口へ出して頂く際に「書留で」と言って差し出されると、「一般書留」として受け付けられる場合があります。

「一般書留」は5万円以上の補償や、オプションサービスを付けることができますので、簡易書留より料金が高くなります。5万円までの補償でよろしければ、「簡易書留で」と言ってお出し下さい。

【一般書留】
送料512円~
(郵便料金+一般書留料430円)

補償は10万円まで、10万円以上は、5万円ごとに+20円

 

 

先ほど記入した用紙の控えをもらえますので、そちらに記載のお問い合わせ番号から配達状況をお調べ頂けます。→「郵便追跡サービス

使い方は「お問い合わせ番号」を入力して、「追跡スタート」を押して下さい。

 

 

 

前ページに戻る

 

 

 

 

買取価格表を見てみる

メニュー

ご案内

    当店からの返信がない場合はこちら

    当店からの返信がない場合はこちら。



    発送方法に迷ったらこちら

    状況別にまとめましたおすすめの発送方法です。



    Q&Aはこちら

    Q&Aはこちら。



よくある質問

    Q.振り込みはいつ頃ですか?

    A.商品到着即日にお振込を行っております。

    ※平日15:00以降のお振込や土日祝は、銀行の振込システムの都合により、翌銀行営業日に振り込まれます。

    【例】 当店が、金曜日の16:00にお客様の口座へお振込致しますと、
    お客様の口座に反映される(お振込が完了する)のは、

    月曜日となります。
    月曜日が祝日ですと、火曜日になります。



    Q.買取に費用はかかりますか?

    A.商品をお送り頂く際の送料はお客様負担となります。また、 買取額が1万円未満の場合は振込手数料172円はお客様負担となります。 その他かかる費用はありません。



    Q.使用済み切手、記念スタンプの押された切手、外国切手の買取はしていますか?

    A.使用済み切手、記念スタンプの押された切手、外国切手の買取は行っておりません。



    Q.持ち込みでの買取は対応していますか?

    A.持ち込みでの買取は対応しておりません。郵送買取のみとなります。


    Q&Aをもっと見る

切手の読み物